スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道に世界の中の日本をみた…ような気がする

ども!

また、オリンピックネタ。

男子柔道はなかなかメダルが取れませんでしたね。

ただ、オリンピックに出るだけでも本当に素晴らしい事ですし、
世界中にはとんでもなく強い選手がたくさんいますからそれは仕方ないかなぁ…と。

そんな中、柔道100kg超級で金メダルを獲得した、石井慧さん。

試合後のコメント、面白かったんですよ。
彼が喋ってるところをもっと見たいなぁと思ってたんですが!
発言が奔放過ぎるからって全日本柔道連盟がテレビ出演を全て断ったのだそうで。

連盟のイメージを守りたかったんでしょうかね(^_^;)日本っぽいなぁ…。

ただ、少ないながら彼が話をしているところをテレビでみる機会がありました。

どんな発言をするのかなぁと楽しみにしてたんです。

が、予想外のコメントに、感動すら覚えました。

そのVTRはオリンピック開催前に収録されたものでした。

実は彼は(彼だけは)オリンピックが始まる前から、
日本の柔道はこのままでは勝てない。と予言していたのです。
しかもはっきりとした根拠を持って。

のりごろうは情けない事に柔道はほとんど内容を見ずに結果だけをみて
「あぁ、やっぱり日本は柔道でも世界に勝てなくなってきたんだなぁ」
と言う感想を抱いてしまいました。

実はその試合内容にこそ、彼が言っていた「勝てない」理由があったのです。

オリンピックの柔道を観ていて気付いた方も多いと思うんですが、
圧倒的に判定勝ちが多いんです。

実はそれにはちゃんと理由があったんです。

世界の柔道は一本をとる柔道ではないのです。

ほとんど組む事もなく、タックルで足をとるレスリングのような柔道になっているのです。

タックルで一本とれる事はありませんが、積極的に攻めれば、
相手に指導が入り、ポイントでリードする事ができます。

あとはそのリードを守って勝利する。

それが「今の世界の柔道」です。

ところが、日本の選手はあくまで一本にこだわりました。

日本の選手はまずは組み、そこから一本をとる柔道を始めます。

ところが、外国人の選手は組んではくれません。組まずにタックルで足を取りにきます。

それに慣れていない日本人選手は攻める事ができないまま判定で負けていきました。

あくまで一本にこだわる日本人選手のなかで、
石井選手だけはこうなる事を知っていたのです。

彼が言っていた「勝ちにこだわる柔道」とは実は世界標準の考え方だったのです。

周りからどんな雑音が聞こえてきても、彼はその姿勢を崩しませんでした。

「悪役」扱いされたとしても。

結果、彼は世界の頂点に立ったのです。

のりごろう自身も伝統的な日本の一本とる柔道は好きです。

が、伝統だけでは世界に通用しない。

それがはっきりとわかったオリンピックでした。

それは、オリンピックだけでなく、
日本の政治や金融政策にも言える事じゃないかなぁ。と思ったわけですよ。

新しい考え方を受け入れないと、そのうちおいてけぼりをくらっちゃうと思うんですよ。

のりごろうは。

とは言え。

谷本さんの一本勝ちは気持ちよかったなぁ(*^^*)

カッコよかった。

伝統で勝てるなら…

うん。それも悪くないなぁ。



そうそう。

谷本さんが試合後に「デコス選手(決勝の対戦相手)と戦えた事が嬉しい」としきりに言ってた事、覚えてますか?

のりごろうはなんでそんなに嬉しいんだろうって疑問に思ってたんです。

でも、石井さんの話を聞いて合点がいきました。

デコス選手も今では数少ない「一本にこだわる」選手だったのです。

う~ん…納得。
そりゃ、楽しいわな。

無知なのりごろうに色々教えてくれてありがとう。

石井慧選手。

カッコイイよ。

ランキング挑戦中!応援の1クリックお願い致しますm(_ _)m
FC2ブログランキング★
スポンサーサイト

テーマ : やりたい仕事か生活力か - ジャンル : 就職・お仕事

広告
会社を売りたい・買いたい経営者様!
後継者をお探し、株式公開を目指している方!コチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。