スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価の上昇が止まらない!

アグロコ★agloco

ども!

最近、テレビでも物価の上昇が盛んに取り上げられています。

…が!

よく考えれば当たり前ですよね(^^;)

石油が無限にあると思っている人なんていませんよね?
じゃあ、量が少なくなってくれば、需給の関係で
石油の値段が上昇するのは誰でもわかっていたことなのです。

それにくわえて加工の際に石油が必要なモノなら、
石油の価格の上昇に合わせて価格が上がることなんて
誰の目にも明らかです。

(投資家の資金がモノに流れているから、
という側面もあるようです。)

まぁ、それは仕方ないとして…

そんなことよりも僕が心配しているのは、

賃金が上がっていないにも
かかわらず物価が上昇している。

ことです。

なぜ、心配なのかと言うと…続きは下のmoreをクリック
引退の準備を始めるならこちらをクリック
FC2ブログランキングへ★ なぜ、心配なのかと言うと…

通常、物価は景気がよく、企業の業績が良く、個人の所得が上がり、
企業、個人のお金回りがよくなり、お金がモノに向くので、
需要と供給の関係で物価が上昇します。

企業の業績は過去の最高益を更新するなど、
企業によってはお金の回りがよくなっているようです。

…では、個人は?

ここ数年で給与が増えた方はどれくらいいるのでしょうか?

↓この図は厚生労働省から拝借してきた、
賃金厚 生 労 働 省 発 表

個人の所得の変化をグラフにしたものです。

ここ数年減ってはいないものの…
増えてはいません。

所得はそのまま。

所得はそのままなのに、物価は上昇している。

これはどういうことなのかと言うと、
実質、給料や銀行に預けている大事なお金が
減ってしまうのと同じことなのです。

例えば

銀行に10万円預けています。

今まで1,000円で買えていたモノが
物価が上昇して2,000円になったら…

1,000円のときは100個買えていたモノが
2,000円になると50個しか買えません。

言うなれば、

銀行に預けていた10万円が
5万円に目減りしたのと同じです。

上記のような例は1000円が2000円になるという
極端な例ですが、

銀行に預けていれば減ることはない。
と思っているお金が実は物価の上昇のために
目減りしているのです。

もちろん、給料も同じです。

給料は実際にはほとんど増えていません。
それどころか給料の価値も下がっているようなものなのです。

「貯金していれば大丈夫」と信じて銀行に預けていたお金ですら、
知らず知らずのうちに価値が下がっているようなものなのです。

僕たちが60歳になったとき、
銀行に預けているお金は
今の価値を維持しているでしょうか?

そのうえ、年金がもらえなかったら…

銀行のお金が今の価値を維持し、年金がもらえれば
僕もありがたいです。
誰も苦労することなく、今の生活水準を保つことが
できるのであればそれにこしたことはないです。
が、そうなる可能性の方が僕は低いと思っています。

だからこそ、今、準備をしているのです。

少しずつでもいいと思います。
今から時間をかけて、準備をすることが
大切だと思います。

真剣に将来の資産を形成したい!と思っている方にオススメ!
インフレ(物価の上昇)にも強い外貨を持つこと
がリスクヘッジ(危機回避)になると言われています。
↓まずは口座開設から!
のりごろうのおすすめFX会社の口座を開設する

応援の1クリックお願い致します!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告
会社を売りたい・買いたい経営者様!
後継者をお探し、株式公開を目指している方!コチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。