スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平等な世界

ども!

経済格差の議論をしていると、金持ちが貧乏人を支えるべきだ
という話がよく持ち上がります。

う~ん…

僕は反対です。

お金持ちの人も努力してお金持ちになったわけですよ。

それこそ、死ぬ思いで頑張った方もいると思います。

もともとお金持ちの家に産まれて何の努力もせずにお金持ちの人ももちろんいます。

産まれた環境はみんな違います。

その時点で不公平はきっと生まれているのでしょう。

ただ、それに関して文句を言ってもそれはもう変わることがありません。

ランキング挑戦中!応援の1クリックお願い致しますm(_ _)m
FC2ブログランキング★ 時々、日本と食べるものにも困っている国との経済格差の話と
日本国内の経済格差の話を一緒にしてしまっている方がいらっしゃいます。

が、それはまったく別の問題だと思います。

なぜなら、貧困の国の人はチャンスすらない状態だからです。
(それでもチャンスを求めて外国にでる人もいますよね)

日本にはチャンスはたくさん転がっています。
そのチャンスを拾おうとするかしないかの差が、
今の日本の経済格差を生んでいるのではないでしょうか。

まぁ…要するに、本人にやる気があるかないかだと思います。

「そうではない」といくらでも言い訳はできるでしょう。

言い訳をする人の多くは問題の原因が自分自身にある事を認めません。

会社の方針や、社会そのもの、国の政策etc…

とにかく、ありとあらゆる言い訳を用意します。

…それは自分の非を認めたくないからなどと言うレベルではなく、
本当に自分には非がないと思っているのです。

…もちろん、国にも責任はあると思います。

度重なる不正、無駄遣い、そのツケを払うための増税、
真面目に働く事がバカバカしく思えてくるような事ばかりが
毎日ニュースで繰り返し放送されています。

「どんなに仕事をしても経済的に楽にならない。」

「政治家の私腹を肥やすための税金のために働いている。」

と言う意識を国民に植え付けてしまったと言っても過言ではないと思います。

だからと言って、努力をしていない人の面倒を
努力をした人がみるという考え方はどうにも納得できません。

(もちろん、もともと身体的、精神的に障害を持つ人に対しては税金などを使って保護する事については賛成です)

それこそ「努力は認めない」社会になりそう…(-д-;)

経済格差=意識の差

な気がするんだけどなぁ。


そんなことより…







話が堅いっ( ̄∇ ̄ノ)ノ


堅いねぇ…


カッチカチだ。


もっとゆる~い事を書こう…(; ̄_ ̄)=3

ランキング挑戦中!応援の1クリックお願い致しますm(_ _)m
FC2ブログランキング★

不労所得にチャレンジ1
不労所得にチャレンジ2
ネットで労働所得にチャレンジ
スポンサーサイト

テーマ : やりたい仕事か生活力か - ジャンル : 就職・お仕事

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告
会社を売りたい・買いたい経営者様!
後継者をお探し、株式公開を目指している方!コチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。